kafein

【飲みすぎはNG】地味にスゴイ!カフェインの美容効果

コーヒー飲料やウーロン茶、緑茶、紅茶、ココア、エナジードリンク、チョコレートなどに含まれているカフェイン。興奮作用や覚醒作用があることで有名なので、「美容にいい」というイメージはあまりないかと思います。
しかし、カフェインは過剰に飲みすぎなければ様々な美容効果が期待できる実は地味にスゴイ成分だったのです。ちなみに健康な成人の場合、カフェインを一日にどれくらい摂取してもいいのかご存知ですか?カフェイン一日の摂取量はおよそ300gとされており、コーヒーにしておおよそ4~5杯分くらいは一日に摂取しても問題ない量と言われています。
カフェインの摂取量もわかったところで、今回はそんなカフェインの地味にスゴイ美容効果をご紹介します。

美肌効果

カフェインは肌のメラニン色素を拡散させてシミや色素沈着を悪化させるという話は有名であり、ましてや美肌効果があるというのはあまり信憑性のない話かもしれません。が、カフェインにはまぎれもなく美肌効果が存在します。
カフェインには末梢血管を拡張する作用があるのですが、この作用が美肌作りに大きく関係してきます。末梢血管が拡張されることで、皮膚の血流量が増加。この作用により皮膚の代謝が活発化され肌の調子が良くなるのです。

脂肪燃焼効果&新陳代謝アップ

ダイエット中の女性に嬉しい効果がこちら。ただしカフェインを摂取するだけで脂肪燃焼効果が期待できるというわけではありません!
まず、カフェインの効果が表れるのがカフェインを摂取してから20~30分後とされています。なので運動を始める20~30分前にカフェインを摂取することで効率的に脂肪を燃焼させることができます。。ジムへ行く前やウォーキングの前などにカフェインを摂取することで効率的に脂肪を燃焼させてみてはいかがでしょうか。

デトックス効果

カフェインには利尿作用があるためデトックス効果も期待できます。発汗による老廃物の排出はおよそ3%。意外と少ないことに驚きです。
それに対して尿中にはおよそ35%の老廃物が含まれているので、汗をかくよりも尿を出した方が高いデトックス効果が得られます。

カフェインの摂りすぎには注意です

美容にいいと言っても、カフェインには中毒性もあり、さらに神経を興奮させる作用があるものです。カフェインの摂取は用法用量を守って、正しくお飲みください。
また貧血気味の女性や、不眠気味の女性、特に妊娠中の女性などはカフェインの摂取を極力控えたよいでしょう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA