Bedroom in which there is a big bed with a coverlet of olive colour, two little tables with lamps and a pillow in the form of a star

【その日の疲れその日のうちに】質の高い睡眠を得るためのHOW TO

みなさん、毎晩よく眠れていますか?朝起きた時、疲れはしっかりと取れていますか?ベッドに入ってすぐに寝付くことができない、眠りが浅くて寝た感じがしない、夜中に何度も目が覚めてしまう…などなど、睡眠の質が改善されなくて悩んでいる女性は意外と多いものです。
良質な睡眠をとることで、一日の疲れをリセットできることはもちろん、美容にも効果抜群。そんな質の高い睡眠をゲットできるHOW TOをぜひ今夜から実践してみてください。

身体と心の緊張をほぐし、リラックスさせる♡寝る前5分の全身マッサージ

睡眠を深くするため一番大切なことが”リラックス”することです。一日働いた身体はわたしたちが思っているよりも筋肉などがカチカチに凝り固まっています。
コリを優しくほぐし、全身の血の巡りをよくするようなイメージでマッサージしていきましょう。またマッサージをすることで筋肉が柔らかくなり、基礎代謝が上がることでダイエット効果も期待できます。良質な睡眠と、ダイエット効果。寝る前のたった5分間のマッサージで嬉しい効果が盛りだくさんです。

いい香りで癒されながら夢の世界へ♡アロマオイル

睡眠の質を高める効果のあるアロマオイルを使うのもオススメです。特に深いリラックス効果と安眠効果のあるラベンダーの香りはアロマオイル初心者さんにもオススメな香りとなっています。
アロマオイルは様々な楽しみ方ができるのも魅力です。アロマディフューザーなどを使わなくても、湯船にアロマオイルを数滴垂らして香りを楽しんだり、またアロマオイルをハンカチに数滴染み込ませたものを枕の横に置いたりするだけでも十分なリラックス効果を得ることができます。

爆速で寝れると噂の♡478呼吸法

呼吸を変えるだけで安眠できるって本当?と思ってるあなたは今日からさっそく実践してみてください。方法はとっても簡単です。
①鼻から息を4秒間かけて吸い込む②次に7秒間息を止める③その後、8秒かけながら口から息を吐く
以上が1セットとなります。これを寝る前に3セット行います。なかなか寝付けない時や、眠りが浅い時などは無意識のうちに呼吸が浅くなっていることが多いです。深く、ゆっくりとした呼吸を行うことで身体全体に酸素が行き渡り、リラックスした身体の状態を作りあげることができます。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA