serezniy111200593.jpg - open red suitcase with clothing in the room

パンパンのバッグとはおさらば♪旅行が身軽になる荷造りテクニック

服にコスメにと、女の子は旅の準備が大変。気が付けば、既にバッグがいっぱいだったなんてことはありませんか。そんな時はちょっとした工夫でお土産も楽に入る荷造りができます。今回はそのテクニックをご紹介します。

アメニティは最低限にする

今はビジネスホテルでも、バスタオルやフェイスタオル、ドライヤーにブラシと一通り揃っているのが当たり前の時代。宿泊料が高い旅館やホテルなら、質の良いシャンプーを使用しているのでわざわざ持参する必要もありません。
エステサロンや街角で配られた試供品も便利です。髪質との相性が気になる方は、小さめのボトルに必要な量だけ入れると、かさ張らずに済みますね。また、化粧水や乳液はコンタクトケースサイズの容器でも十分に足ります。

服は着まわしコーディネート

荷物で一番かさ張る衣服は、着回しコーディネートで量を減らしちゃいましょう。同じ服をずっと着ているわけではなく、パンツやスカートなど、一部分を着まわします。
例えば、2日目は同じトップスで、パンツからスカートに変えたり、トップスは変えてパンツは一緒など、パターンは様々。2泊3日なら、2日分の衣服で十分事足ります。同色系でまとめれば、コーディネートもしやすいですよ。

圧縮袋を使ってかさを減らす

長期旅行で特に重宝するのが圧縮袋。かさ張る衣服はこれに詰めて空気を抜けば嘘のように縮んでしまいます。もちろん、コートやダウンジャケットにも使えます。掃除機で吸い出すタイプではなく、逆止弁がついた押し出し式の圧縮袋がオススメです。

【日本製】圧縮袋 リムーブエアー

好きなメーカーのトラベルセットを購入

シャンプーやリンス、ボディーソープに洗顔まで揃っているトラベルセットは、コンパクトなうえにとても便利。容器に移し替える手間もありません。また、おしゃれなポーチも付いてくるので再利用もできます。
好きなメーカーのトラベルセットであれば、肌荒れも防げます。※メーカーによって入っている商品が異なります。

サムライウーマン トラベルセット 40ml×3 NEW(オリジナルハンドタオル付き)

荷物が軽くなれば心も軽くなる

空きボトルや圧縮袋はとても便利です。ひとつ持っておくと、次の旅行でも大活躍間違いありません。こうして身体の負担を減らせば、心にも余裕が生まれます。旅行を満喫するために、ぜひやってみてください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA