room

女性の一人暮らしの方必見!お勧めしたい防犯対策

たった一人で始める一人暮らし。今までは何があっても助けを求めれる環境でしたが、一人ではそうもいきません。何かが起きてもすぐに助けてくれる家族がいないため、自衛はしっかりとするべきです。とくに女性の一人暮らしとなると、男性よりも危険が多くなります。そんな不安の多い女性の一人暮らし。そこで実践するべきお勧めの自衛方法をご紹介します。

部屋探しは慎重に。できるだけ自衛ができそうな物件を選ぶ。

一人暮らしの物件選びでは、その地域の治安や、今までの事件数、近くに繁華街がないかを事前リサーチする人が多いそうです。駅からの距離よりも、少し離れても自衛できる物件を優先したりする女性も多いとのこと。街灯が多いか、どんな層の住人が住んでいるかのリサーチも欠かせません。
他にも、あらかじめオートロックや、2階以上の物件を探す人も多いようです。なるべく安全なところに住んで、余計な心配をしなくていいようにしたいですね。その他にもエントランスに物影がないかなど、前もって目で見て確認しておくと安心です。

"女性の一人暮らし"とバレないようにする。

あえて、"男物の"下着を干すという話を聞いたことはありませんか?あれもまた、自衛の一種です。洗濯物に男物を混ぜておくことで、「男性が住んでいる」「頻繁に出入りする男がいる」と錯覚させるためです。
"女性なら何とか逃げれる"と思っている人にとって、男性がいるところに侵入するのは大きな痛手。万が一男性と出くわした場合は勝算がないため、危ない橋は避けてもっと狙いやすいところを狙います。他にも、出入りするところをあまり人に見られないようにしたり、女物のカーテンを避けるのもひとつの手です。

必ず施錠、開けっ放しは危険!

家にいるときでも、いないときでも必ず施錠! これは徹底して行いましょう。在宅中だからと鍵を閉めないのは危険です。家に帰ったら必ず施錠し、簡単には開けないようにします。
例えば来客が来てもすぐに扉を開けず、ドアスコープやチェーンを活用しましょう。見知らぬ人はドア越し、もしくはチェーンをかけての対応がお勧めです。

帰宅時には注意を払う

駅から家に向かうとき、みなさんは何をしながら家に向かいますか?なかにはスマホをいじりながら、電話をしながら、音楽を聞きながらなど、いわゆる“ながら歩き”で帰る人もいるでしょう。実はこれ、女性の一人暮らしではかなり危険な行為なのです。
スマホの明りは暗闇で光り、見失わずに後をつけやすくなります。音楽を聴いている人も同様、後ろの気配に気が付くことなく不審者を家まで案内していることも……。夜道はとくに警戒しながら歩くことをお勧めします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA