glass

朝は、コップ一杯の白湯から!たったそれだけで健康になる理由

朝起きると体がダルい……お腹の調子が悪い……手先の冷えが酷い……、そんな症状を解決する、お手頃な健康法があるのをご存知ですか。「朝起きたらコップ一杯の水」という言葉をよく小耳にはさみますが、どうせなら水ではなく白湯(さゆ)を飲んでみてはいかがですか。今回は、白湯を飲む健康法をご紹介します。

白湯(さゆ)って何?

白湯とは、ただの水を沸騰させた物です。要は"お湯"で、このお湯を冷ましたものを飲むことによって、健康やダイエットに効果的と言われています。
インドの伝統医学(アーユルヴェーダ)では、自然は全て、火・水・風の3つの要素からなると考えられており、水を火にかけ、気泡で風を取り込む白湯は、自然の3つの要素を取り込む飲み物とし、昔からよく飲まれています。

白湯の作り方

1.水をやかんなどに入れ沸騰させる
2.沸騰したら蓋を開け、10分ほど火にかけ続ける
3.コップに湯を注ぎ、飲める程度の温度まで冷めるのを待つ

白湯を朝に飲む理由とは

朝起きて一番に白湯をコップ1杯(約150cc)を5分~10分かけてゆっくりと飲みます。
これを毎日続けるだけで健康やダイエットサポートに効果的とされています。なぜ、朝に白湯を飲むと効果的と言われているかと言いますと、いくつかの理由が挙げられます。
まず第一に、朝起きて一番の状態は体も寝起きの状態で、完全に覚醒していません。そのため、温かい白湯をゆっくりと飲むことで、胃腸を温め、消化力を高めることにより、全体の代謝を上げる効果があります。
代謝が上がれば、汗などにより夜間に溜まっていた老廃物が排出され、さらに動き始めた腸内の活動により排泄も促進されます。

白湯で期待される効果

・お通じが良くなる
・代謝の活発化による冷えの予防
・ダイエットサポート
・肌荒れ改善
・身体のだるさや重さを軽減
・風邪の予防
・ストレス削減
体だけでなく、朝にゆっくりと温かい物を口に入れることで、リラックスの効果も得られるといいます。

白湯の効果はいつ実感できる?

飲んで直に効果を実感できる人も居ますが、白湯は毎日根気強く続ける必要があります。
朝に白湯を飲んで体を起こし、老廃物を排出する習慣をつけることが大切です。身体のサイクルが出来上がり、毒素を溜めないようにすることで、健康へと繋がっていくのです。
腸内環境の改善は数日で実感ができますが、白湯の本当の効果を実感するのなら、まず1か月は続けてみることが大切です。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA