health_nodosaku

サービス業の女子たちが選ぶ♡のど風邪予防アイテム

食事もできない、会話もままならない、どこからやってきたのか、のどの痛み。そんなのどの痛みを緩和する方法を、サービス業に従事するキャリア・ウーマンたちに聞いてみました。毎日人と接しなければならない彼女たちは、どんなケアをしているのでしょうか。

のど飴

対策として最もお手軽で身近なのがのど飴。その中でも、『ヴィックス』や『龍角散ののどすっきり飴』は働く女子に重宝されています。舐めていくうちにのどの不快感や痛みが和らいできます。味つけの種類が多いのも好まれるポイントかもしれません。

新コルゲンうがい薬

うがい薬といえば、明治の『イソジンうがい薬』ですが、イソジンの強烈な匂いが苦手な人もいるのではないでしょうか。そんな方は、無色透明で無臭タイプのうがい薬がオススメです。のどの殺菌だけでなく、口臭予防にもなります。コンパクトタイプもあり、化粧ポーチにいれておくことも。

パープルショット

のどに直に薬を噴射し、炎症を抑えるのどスプレー。炎症を抑えるアズレンが直接作用するため、即効性があります。同じく細菌が原因である口内炎にも有効です。うがい薬や錠剤が効かないときに。

ペラックT錠

錠剤で一番人気なのがペラックT錠。のどの腫れや痛みを抑える薬ですが、飲んでも眠くならないのが特徴的。飲み続けることで効果が出てきます。(※人によって差があります)

緑茶

緑茶には殺菌作用のある「カテキン」と、粘膜を修復するビタミンCが豊富に含まれているので、傷ついたのどに効きます。なにより、コンビニや自販機などどこででも手に入るので便利です。もちろん、茶葉から沸かしたものでも効き目があります。出がらしでも十分成分がでており、ひと肌まで冷まして飲みます。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA