店長ブログ

彼氏がうんざりする「恋人同士の鉄の掟」

2019/01/17 18:06
付き合うにあたって、恋人同士でルールを決めている方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、そのルールがあまりに厳しすぎると、彼氏は「束縛」と感じ、窮屈に思うこともあるようです。一体、彼氏がうんざりする「恋人同士の鉄の掟」とは、どのようなものでしょうか?

【1】メールと電話は毎日必ずすること

「疲れる。そもそも好きということと、束縛することは同じではない」(30代男性)という意見があるように、女性との連絡を強制されることに男性は強いストレスを感じるようです。「私は毎日、連絡とりたいんだけど、ダメかな?」などと、男性にお願いするような形で提案してみてはいかがでしょうか。

【2】彼女からのメールにはすぐに返信すること

「ヒマ人と一緒にするな!」(20代男性)というように、いつでも連絡がとれると思われていることに、うんざりする男性もいるようです。このようなルールを決める場合は、「メールを返せる時はすぐに返信する」とした方がいいでしょう。

【3】「◯◯ちゃん」といった呼び方を人前でも強制すること

男性は、彼女に甘えている姿を他人に見られることをかなりイヤがりますので、人前で仲の良さをアピールする行為は精神的に疲れてしまうようです。どうしても「○○ちゃん」と呼ばれたい場合は、人前では男性が恥ずかしくないあだ名をつけてもらうなどの対策が必要でしょう。

【4】誕生日などを祝うときは、サプライズを用意すること

サプライズがルール化されると、男性は彼女を喜ばそうという気持ちより、ノルマをこなすような気分になってしまうようです。それでもサプライズを望む場合は、まずは自分がサプライズを用意して、彼氏をビックリさせてからの方がいいでしょう。

【5】月単位で記念日を設けて祝うこと

「付き合いたての頃はいいけど、1年も経つと面倒になってきた」(20代男性)というように、あまりに頻繁にイベントがあると、男性は疲れてしまうようです。記念日は、誕生日、付き合い始めた日、クリスマスなど、男性にも理解しやすいイベントのみに絞った方がよさそうです。

【6】異性の友達とは話をしないこと

「こんなルールを作っておきながら、結局、彼女はそれを守らないので、勝手な決め事だなぁと思う」(10代男性)というように、守れないルールを決められ、自分だけに押しつけられる形になることに男性は心底うんざりするようです。

【7】太ってはいけないなど、健康管理を徹底すること

食事、タバコ、運動など生活スタイル全般に関し、彼女から口出しされることに対して、「親でも医者でもないのに、うるさいな!」と男性はうんざりするようです。「あなたの身体が心配だから」と、アドバイスする程度にとどめる方がいいでしょう。

【8】結婚するまでは互いの部屋に上がらないということ

お付き合いと結婚との間にあまりに高いハードルを設けすぎると男性はうんざりしてしまうようです。考え方や育った環境の違いで仕方ない部分もありますが、自分の恋愛観や結婚観に基づいたルールを提案する際は、決して押しつけるのではなく、よく話し合ったほうがいいでしょう。

【9】いつでも携帯電話をチェックしていいということ

「相手にプライベートは与えない」という完全なる束縛は、ほとんどの男性がうんざりするようです。これは束縛というだけではなく、お互いの信頼も損なわれてしまうので、ルール化してもあまりいいことはなさそうです。

他にも彼氏をうんざりさせるような「恋人同士の鉄の掟」があれば、ぜひ教えてください。皆さんのご意見をお待ちしております。

◇◆熟女ネットワーク京都店◆◇
★☆★☆お問い合わせはコチラ★☆★☆★
TEL :0120-010-300 (24時間対応)
携帯:090-8887-0040(24時間対応)
Mail:
s19800504s@docomo.ne.jp

★☆★☆★★☆★☆★★☆★☆★★☆★☆
>>LINEでのお問い合わせ<<
★☆★☆★★☆★☆★★☆★☆★★☆★☆

彼氏がうんざりする「恋人同士の鉄の掟」

2019/01/17 14:39
付き合うにあたって、恋人同士でルールを決めている方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、そのルールがあまりに厳しすぎると、彼氏は「束縛」と感じ、窮屈に思うこともあるようです。一体、彼氏がうんざりする「恋人同士の鉄の掟」とは、どのようなものでしょうか?

【1】メールと電話は毎日必ずすること

「疲れる。そもそも好きということと、束縛することは同じではない」(30代男性)という意見があるように、女性との連絡を強制されることに男性は強いストレスを感じるようです。「私は毎日、連絡とりたいんだけど、ダメかな?」などと、男性にお願いするような形で提案してみてはいかがでしょうか。

【2】彼女からのメールにはすぐに返信すること

「ヒマ人と一緒にするな!」(20代男性)というように、いつでも連絡がとれると思われていることに、うんざりする男性もいるようです。このようなルールを決める場合は、「メールを返せる時はすぐに返信する」とした方がいいでしょう。

【3】「◯◯ちゃん」といった呼び方を人前でも強制すること

男性は、彼女に甘えている姿を他人に見られることをかなりイヤがりますので、人前で仲の良さをアピールする行為は精神的に疲れてしまうようです。どうしても「○○ちゃん」と呼ばれたい場合は、人前では男性が恥ずかしくないあだ名をつけてもらうなどの対策が必要でしょう。

【4】誕生日などを祝うときは、サプライズを用意すること

サプライズがルール化されると、男性は彼女を喜ばそうという気持ちより、ノルマをこなすような気分になってしまうようです。それでもサプライズを望む場合は、まずは自分がサプライズを用意して、彼氏をビックリさせてからの方がいいでしょう。

【5】月単位で記念日を設けて祝うこと

「付き合いたての頃はいいけど、1年も経つと面倒になってきた」(20代男性)というように、あまりに頻繁にイベントがあると、男性は疲れてしまうようです。記念日は、誕生日、付き合い始めた日、クリスマスなど、男性にも理解しやすいイベントのみに絞った方がよさそうです。

【6】異性の友達とは話をしないこと

「こんなルールを作っておきながら、結局、彼女はそれを守らないので、勝手な決め事だなぁと思う」(10代男性)というように、守れないルールを決められ、自分だけに押しつけられる形になることに男性は心底うんざりするようです。

【7】太ってはいけないなど、健康管理を徹底すること

食事、タバコ、運動など生活スタイル全般に関し、彼女から口出しされることに対して、「親でも医者でもないのに、うるさいな!」と男性はうんざりするようです。「あなたの身体が心配だから」と、アドバイスする程度にとどめる方がいいでしょう。

【8】結婚するまでは互いの部屋に上がらないということ

お付き合いと結婚との間にあまりに高いハードルを設けすぎると男性はうんざりしてしまうようです。考え方や育った環境の違いで仕方ない部分もありますが、自分の恋愛観や結婚観に基づいたルールを提案する際は、決して押しつけるのではなく、よく話し合ったほうがいいでしょう。

【9】いつでも携帯電話をチェックしていいということ

「相手にプライベートは与えない」という完全なる束縛は、ほとんどの男性がうんざりするようです。これは束縛というだけではなく、お互いの信頼も損なわれてしまうので、ルール化してもあまりいいことはなさそうです。

他にも彼氏をうんざりさせるような「恋人同士の鉄の掟」があれば、ぜひ教えてください。皆さんのご意見をお待ちしております。

◇◆熟女ネットワーク京都店◆◇
★☆★☆お問い合わせはコチラ★☆★☆★
TEL :0120-010-300 (24時間対応)
携帯:090-8887-0040(24時間対応)
Mail:
s19800504s@docomo.ne.jp

★☆★☆★★☆★☆★★☆★☆★★☆★☆
>>LINEでのお問い合わせ<<
★☆★☆★★☆★☆★★☆★☆★★☆★☆

気になるカレに「返信不要」とスルーされるLINE

2019/01/17 08:38
気になる男性にLINEしたとき、返信がないとショックなもの。そんなときは、相手にスルーされやすい送り方をしていなかったかどうか、冷静に振り返ったほうがいいかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に、「気になるカレに『返信不要』とスルーされるLINE」をご紹介します。

【1】「今日は何食べた?」など「細かい質問」

「そんなこと聞いてどうするの?と、つい後回しに…」(20代男性)というように、些細すぎる質問には回答する必然性が感じられないため、優先度が低くなりやすいようです。「今度○○したいから教えて」などと知りたい理由を添えれば、返信率が上がるでしょう。

【2】「これからお風呂」などの「実況中継」

「邪魔をするのは申し訳ないと思ってしまう」(20代男性)というように、リアルタイムの状況報告は「今は忙しい」という意味だと捉えられ、返信に結び付かないこともあるようです。気を遣うタイプの男性には、「○○してきた」などと終わったところから始めたほうがいいかもしれません。

【3】「これカワイイから買っちゃった」などの「事後報告」

「返し方が分からない。正直に言うと、だから?って感じですが…」(20代男性) というように、個人的な行動の報告にどう返信してよいか迷い、結果的に放置されるパターンです。目的のない世間話が苦手な男性は多いので、せめて「買う前に相談」のほうが実のあるやりとりになりそうです。

【4】「元気?」「ひまー」などの「簡潔な短文」

「こちらに何か話題を出せと言われてるようで、プレッシャーです」(20代男性)というように、会話を広げようがない1ワードのLINEは、相手に負担を感じさせることもあります。気心の知れた間柄ならともかく、まだそれほど親しくない男性には、控えたほうがいいかもしれません。

【5】ネガティブな空気が漂う「仕事の愚痴」

「のっけから暗いと、会話しても楽しくなさそう」(20代男性)というように、愚痴っぽいLINEが歓迎されないのは、ある意味当然かもしれません。仕事の悩みを打ち明けるなら、前向きに解決策を相談するなど、重い空気にならないように仕向けたいところです。

【6】「…したいなぁ」で終わっている「思わせぶりなメッセージ」

「自分からLINEしておいて察してちゃんはちょっと…」(10代男性)というように、希望をはっきり言わずに構ってもらいたがる態度を、面倒臭いと感じる男性もいます。強気な誘い受けのスタンスは、自分に気がある相手にしか使えないと心得ましょう。

【7】「今酔ってまーす」など「ただの独り言」

「ああそうなんだ、で終わり。というか、最初から返信は求められてない気がする」(20代男性)というように、一方的な呟きLINEは、読むだけで十分だと思われてしまうようです。反応が欲しいなら、簡単な質問を織り交ぜるなどの工夫が必要でしょう。

【8】就寝前に届く「おやすみ」

「『おやすみ』と送り合ってたらキリがない。既読を付けるだけでいいと思う」(20代男性)というように、締めくくりの挨拶には、返信の必要を感じないと考える人もいます。LINEを送る口実として使うなら、仕事終わりに合わせた「お疲れさま」のほうがいいかもしれません。

【9】文字がなく、「スタンプだけのLINE」

「何が言いたいのか分からない。相手の感情も読めないし、お手上げです」(20代男性)というように、意図の伝わりにくいスタンプ単独のメッセージに苦手意識を持つ男性は少なくないようです。一言だけでもコメントを添えるか、せめて文字の入ったスタンプを使ってはいかがでしょうか。

男性が返信しないのは、「どう返していいか分からないから」というケースが多いようです。最初はYES/NOで答えられるシンプルな質問を付け加えるなど、会話をスタートさせやすくする配慮も必要かもしれません。

◇◆熟女ネットワーク京都店◆◇
★☆★☆お問い合わせはコチラ★☆★☆★
TEL :0120-010-300 (24時間対応)
携帯:090-8887-0040(24時間対応)
Mail:
s19800504s@docomo.ne.jp

★☆★☆★★☆★☆★★☆★☆★★☆★☆
>>LINEでのお問い合わせ<<
★☆★☆★★☆★☆★★☆★☆★★☆★☆

 SNS応募方法

熟女ネットワーク京都様のSNSID

sgmkyoto

SNS IDをコピーする

LINE

SNSサービスから上のIDにお問い合わせください。
「ガールズヘブンを見ました」とお伝えすると対応がスムーズになります。

お電話・メールから応募する場合

採用担当:  採用担当   受付時間: 24時間365日対応!

閉じる