2016
12.28

もう困らない!新札への両替に知っておくと便利なこと3つ

27、28日にかけて仕事納めのなか、来るお正月に向けて準備を始める方もいるのではないでしょうか。なにかと忙しい正月準備のなかで、忘れがちなのがお年玉のお札。お祝い事にはシワひとつない新札を渡すのはマナーですが、銀行が休みで両替えできない!なんてことに。今回はそんな忙しい方に、休日でも新札が手に入る場所をご紹介します。

郵便局の「ゆうゆう窓口」へ

2016年年末の銀行は12月31日の15時~17時ごろから翌年1月3日まで休業になります。郵便局の窓口も同じですが、集配局にもなる所となると夜間や休日でも空いている「ゆうゆう窓口」があります。ゆうゆう窓口では書留・速達の受付のほか、はがきや切手の販売もしています。しかし、郵便局では銀行のような両替サービスはありません。新札の枚数にも限りがあるため、量が多い場合はあらかじめ電話で問い合わせた方がいいでしょう。また、数枚であれば対応してくれる場合もあります。

コンビニATMで試してみる

確実ではありませんが、スーパーのレジに問い合わせるよりかは確率が高そうなのがコンビニATMです。残高照会か引き出ししかできないコンビニATMは、機械の関係からシワの少ない新札が使われています。手数料がかかる場所もありますが、サークルK・サンクスの「ゼロバンク」ならば土曜日の8時、9時から14時まで無料です。(提携銀行によって時間が異なります)

ゼロバンクについて:http://atm.zero-n.jp/

コンビニにだめ元で聞いてみる

ATMの設置店や利用客の多いコンビニには、もしかしたら新札があるかもしれません。だめ元で聞いてみましょう。ただし、1万円の両替えは防犯の理由から断られることがあります。スーパーは両替をお断りしている店舗もあるので、レジで確認してください。