2017
01.25

社会人必須!一冊あると便利な≪マナー本≫3選

学校では教えてくれないのに、社会に出ると当たり前のように求められるマナー。ご祝儀や電話応対や対人関係など、社会のルールに悩む若者はたくさんいます。せめて困らないためにも、プロが書いたマナー本を一冊持っておくことをオススメします。

今回は、数あるマナー本の中から、いざとなったら役に立つ3冊をご紹介します。

『カラー版 これ一冊で完ぺき!マナーのすべてがわかる便利手帳』 岩下宣子著 1,080円

ビジネスや冠婚葬祭などのお付き合いから、パーティでの食事マナーなど、日常のマナー問題がていねいに解説してあります。図や絵がついているので、ご祝儀袋に迷うこともありません。困ったときはすぐに見られるよう、手元に置いておきたい一冊です。特に、これから社会人としてのお付き合いが求められる20代にオススメします。

同じ作者の『図解 マナー以前の社会人常識』・『図解 社会人の基本マナー大全』と人気のマナー本もありますが、本著が新しい本になります。

『大人かわいい女性の話しかた&マナー』緒方圭子監修 1,296円

美しい女性に見える言葉づかいや仕草、女性同士のトラブル対処法など、女性に向けたマナー本です。一般的なマナーだけではなく、円満な人間関係のコツも教えてくれます。どんな年代の女性にもオススメです。

『改訂版「さすが!」といわせる大人のマナー講座』日本マナー・プロトコール協会著 2,052円

国内だけでなく外国でのマナーにも注目し、一般的なマナー本より情報量が多く、内容も濃くなっています。場面ごとの対処本といよりも、「マナーとは何か」をあらゆる角度から突き詰めた上級者向けの一冊。ワンランク上のマナーを身に着けたい方にオススメします。