2017
02.18

デトックススープの効果とは?体内環境改善→痩せ体質に!

野菜がたっぷりだから現代人の不足しがちな栄養を補い、体内の改善とダイエットにもなるといわれた「デトックススープ」。あちこちでアレンジレシピが取り上げられ、デトックススープによるダイエットプランを提示するサイトもあります。その一方で、ダイエット効果は得られなかったという声も聞きます。

実際にデトックススープを実践した人たちはどんな効果があったのか、実践のコツを聞きました。

デトックススープの効果とは?

そもそもデトックスとは身体の毒素を排出することで代謝を上げるものであり、劇的な体重変化を起こすものではありません。変化を感じるならば、まずは体の内からになります。

代謝がよくなった / 体が温かくなった

デトックススープには細胞のサイクルを促す作用があります。新陳代謝がよくなれば血行がよくなり、冷え性や風邪予防にもなります。

便秘の改善

食物繊維と水分を大量に摂取することで、腸の動きが活発になり排便・排尿の回数が増えます。特に便秘のひとは実感を得られやすく、中には「ぽっこりお腹が少し凹んだ気がした」という人も。

これは必需品!デトックス野菜

トマト

トマトには健康に欠かせないビタミンA 、B1、 B2、 C、 Eが含まれている万能野菜です。ビタミンは「体の潤滑油」といわれ、身体機能の調整役を担っています。特にビタミンB2は代謝を促進するだけでなく、脂質も分解してくれます。また、トマトの赤色成分であるリコピンは美肌効果があると注目されています。トマトは、デトックススープには必要不可欠な野菜です。

人参

トマト同様、ビタミンが豊富な人参。免疫力を活性化させるβカロチンの含有量は野菜で一番なんだとか。緑黄色野菜の代表なだけあって、カリウム、鉄、カルシウムなどのミネラルもバランスよく含まれています。これらは体の成長や維持に不可欠な栄養です。

玉ねぎ

強い解毒作用を持つ玉ねぎには、血液をサラサラにする「硫化アリル」や「解毒作用のジアスターゼ」が含まれています。体内環境を改善するには、玉ねぎの解毒作用は欠かせません。

キャベツ

キャベツの92%は水分といわれています。水分は体の老廃物を運ぶ役割をするため、デトックスには欠かせません。また、キャベツにはビタミンUやCが豊富です。ビタミンUは胃酸抑制・胃腸粘膜の代謝促進をしてくれます。このビタミンUを含むキャベツは胃腸の薬としても重宝されています。

体重を落としたいなら、長期戦を覚悟しよう!

デトックススープを試した人には、体重が減ったと感じた人はあまりいないようです。スープはあくまで不足しがちな養分を摂取し、体の内を改善する役割のもの。それだけでは体重が減ることはありません。なかには1週間分のメニューをしっかり決め、栄養バランスに配慮したプランもあります。しかし、日夜ストレスにさらされる社会人には難しく、更なる精神的負担になりかねません。

せめて、3食のうち1食をデトックススープだけにし、摂取カロリーや糖質を減らしていきます。激しい運動が苦手な方は、いつもより歩くことや姿勢をただし、お腹を凹ませるよう意識するようにしましょう。筋肉が鍛えられ、デトックス効果により便通改善や冷え症改善に繋がります。中には、1ヶ月で3キロ落ちた人もいます。

デトックススープダイエットは、劇的に痩せる・体重を落せるものではありません。野菜の栄養による体内環境の改善と、小さな運動の積み重ねで、効果があらわれるものなのです。