お仕事ニュース

2019/10/23 (水) 12:00

世界一真面目な風俗店がコンセプトな新進気鋭のエステ店を紹介!

世界一真面目な風俗店がコンセプトな新進気鋭のエステ店を紹介!

売り上げ右肩あがりのエステ店です!

今年の3月8日に大宮でオープンした出張エステ『紳士の嗜み 大宮店』。同店のコンセプトは「世界一真面目な風俗店」とのこと。そのため、お客様はお店のサービス内容をしっかり理解した紳士な方のみしか利用できないんだとか。 そしてガールズヘブン編集部は、求人の作りこみにも注目し、スタッフ「水嶋 大樹(みずしま ひろき)」に取材を敢行! ちなみに同店は、専属の女性講師がいて接客のノウハウからサービス内容までしっかり指導してくれるとのこと!

職種/エステ・アロマ(出張)
勤務地/大宮・さいたま・浦和
求人ページはコチラ!
営業ページはコチラ!

「水嶋」さんってこんな方

編集部:本日はよろしくお願いします!では早速、お名前、出身、前職について自己紹介をお願いします。
「水嶋」さん:「水嶋 大樹(みずしま ひろき)」と申します。出身は埼玉で、以前は一部上場企業の会社で不動産業者を相手とする営業をしておりました。
 
編集部:一部上場企業…!エリートですね。ではなぜ「紳士の嗜み 大宮」に入社しようと思ったのですか?
「水嶋」さん:部署異動の辞令がおりて、自分の将来を考えてまず転職に踏み切りました。お給料面の優先順位を考えた結果、ナイトレジャー産業が一番あっているなと思い、色々探した結果、当店が「設立から1年以内」、「将来性を感じる作りこみ」、「真面目な企業」、「電話対応の質」こちらの4点に該当したんです。
 
編集部:ちゃんと考えて探したんですね…!それに該当する同店もすごい。そんな「水嶋」さんの趣味は?
「水嶋」さん:神社仏閣が好きです。休日にはカメラを持って撮影していますよ。
 
編集部:意外でした(笑)。では、入社しての仕事内容を教えてください。
「水嶋」さん:清掃、電話受付、PC広告業務や企画立案が主な仕事内容です。特に重要な仕事といえば女性が働きやすいように陰ながらサポートすること。例えば「どうすれば稼げるのか?」、「不安や悩みは?」などをキャストさんに細かくヒアリングしてアドバイスしています。僕らスタッフは、彼女たちが不安なくお仕事に集中できる環境を日々追及しております。
 

ブログは他スタッフのこともわかる!

紳士の嗜みについて根掘り葉掘り!

編集部:では次に、「紳士の嗜み 大宮」とはどんなお店ですか?
「水嶋」さん:今年の3月8日にグランドオープンした新店です。設立してから、日は浅いかもしれませんが毎月売り上げもあがっていて、順調な企業運営が行えております。あと、在籍人数はまだまだ少ないです。ですが、月100万以上稼ぐキャストさんも毎月4、5人おり、完全ソフトサービスでもしっかり稼げることが立証されています。
 
編集部:お客様はどんな方が利用されるんですか?
「水嶋」さん:当店はデリヘルと違って、ソフトサービスな内容なので理解ある紳士的なお客様のみを会員としています。まずサービスをお守りいただけない方にはご利用をストップしています。
 
編集部:人気コースなどありますか?
「水嶋」さん:基本90分コースです。あまり60分や75分を利用される方は多くないですね。そのため、お仕事1件、1件のお給料平均が高く体に負担をかけることなく稼げるのかと。
 

実際の給与明細?!

嗜みガールズになるには、そしてお店の未来

編集部:では次に女の子についてお伺いします。どんな方がいるんですか?
「水嶋」さん:みんな明るく、和気あいあいとしていますね。女性同士でファッション関係、化粧品、ダイエット関係など美意識を高めあっています。年齢は二十歳前後から30代前半の幅広い女性が在籍していますが、年代の垣根なくフレンドリーに話していますよ。
 
編集部:先日の撮影でもとても楽しそうな雰囲気でしたもんね。ちなみに皆さん、かわいかったのですが採用基準は厳しいのでしょうか?
「水嶋」さん:少なからず採用基準の参考にさせてはいただいてます。ですが、それ以上に仕事に真剣に向き合い、稼ぐために必要な努力を惜しまず、一緒に働くスタッフや女の子と協力しあいながら働いていける女性が嗜みガールズとなるのです。
 
編集部:では最後に「水嶋」さんは同店をどんなお店にしていきたいとお考えですか?
「水嶋」さん:世界一真面目な風俗店を掲げている当社ですが、女性に対しても紳士であり真摯な対応を行い続け、入店される女性を全力でサポートし、たくさん稼いでいただき「紳士の嗜みでよかった」と思ってもらえる「良い思い出」にと考えています!
 
 

嗜みガールズはコチラ!

ニュースのお店

紳士の嗜み 大宮 [エステ・アロマ(出張)/大宮・さいたま・浦和]