お仕事ニュース

2019/12/02 (月) 12:00

【編集長対談】ランキングトップの店長へ凸!高校中退から結婚、1位獲得までを聞いてみた

【編集長対談】ランキングトップの店長へ凸!高校中退から結婚、1位獲得までを聞いてみた

右クリックも知らなかった青年が小さなデリヘルを県内1位へ押し上げた

シティヘブンネット埼玉版が始まって7年。この間にいくつものデリヘル店が誕生したが、当然ながらさらに前から存在する老舗もたくさんあった。今回取材した『Chupa Chups(チュッパチャプス)』も然りで、店長の川島さんとはサービス開始当初からの付き合いだ。同店の人気は近ごろ急上昇しており、埼玉県ランキングで1位にまで上り詰めた。これは久しぶりに話してみたいということで、お時間をいただき改めて店長の経歴や業界の未来についての話を聞いてみた。

職種/スタンダードデリヘル
最寄駅/大宮駅東口徒歩5分以内

求人ページはコチラ!
営業ページはコチラ!

「昔はモテた」そんな川島さんの半生

編集長:川島さんって今いくつですか?
「川島」さん:33です。

編集長:若いですよね。出身は埼玉ですか?
「川島」さん:埼玉の与野ですね。でも田舎に引っ越したり転々としていました。白岡や菖蒲にも住んで、いまはずっと桶川。桶川は小学6年生の時からなので20年ぐらいですかね。

編集長:どんな子供だったんですか?
「川島」さん:運動系で野球やっていました。小学校に少しやっていて、そのまま中学生でも。セカンドでレギュラーでしたが万年一回戦負けみたいな学校でした。

編集長:モテ期はありましたか?
「川島」さん :中学、高校のときはモテていたかもしれません。結構女の子から遊びに誘われたり、隣のクラスの子から電話番号聞かれたり。

編集長:隣のクラスから!?すごい。バレンタインチョコの数とかは?
「川島」さん:実は高校は1年の1学期で辞めてるんですよ。親には行くだけ行けばと言われたんですが、もともと行く気がなかったので結局すぐに。だからバレンタインの思い出が少ない。

編集長:怒られたんじゃないですか?
「川島」さん:怒られました。でも友達10人ぐらい同じ高校に行きましたが、卒業したのが2~3人ぐらい(笑)。探せばもっといるかもしれませんが、結構みんな辞めてる。たぶん一番自分が早かったかも。

編集長:辞めて何してたんですか?
「川島」さん:しばらくプラプラして、それから職人。商業施設の外壁パネルを作る仕事ですね。ALCって言って一般の家でもあるのかな?それは親の友達の紹介で、1日8千円ぐらいもらってました。 16歳だったから遊びまくりましたけど、5時起きとか朝が早くて辛くなって。そのあとはペンキ屋を6年ぐらい。日給は1万5千円くらい。一軒家くらいなら1人で塗装できますからいつでも言ってください(笑)

編集長:すごいですね。そのころは20代半ばで、そろそろもう一段階稼げるようになりたいみたいなことでこの業界へ?
「川島」さん:そうですね。24~25歳くらいですかね。最初はドライバーからスタートして。友達が今のオーナーの知り合いで「ドライバーを探している」っていう話があって、先にその友達が入ったんですよ。もう結婚して辞めましたけど。

編集長:川島さんも確か既婚ですよね?結婚はいつだったんですか?
「川島」さん:子供が今8歳だから9年前くらいですね。内勤やり始めたころです。
 

まずは求人ページをチェック!

実はパソコン苦手でした

編集長:内勤を始めたころの困ったエピソードは?
「川島」さん:デスクワーク全般です(笑)。俺、パソコンいじったことなくて右クリックもわからなかったんですよ。あとずっと座っているのがマジでキツかった。でもやり始めたら便利だなって。しばらく経って自分でもノートパソコン買いましたもん。

編集長:苦労されたんですね。あとコミュ力が求められる仕事だと思うんですけど、スタッフや女の子とのやりとりで困ったことはありますか?。
「川島」さん:友達が少ないほうではなかったんでコミュ力は自然と身についたのかも。職人時代もでっかい現場だと4千人とかいていろんな営業所と関わりますし、休憩中は仲間うちだけじゃなくてほかの方たちと喋るのも好きでしたね。あと監督は社交的な方が多いですから、みんな結構ズカズカくる(笑)。

編集長:なるほど、それは鍛えられそう。友達が多いっていうのは例えばどれぐらいですか。当時ガラケーだと電話帳1000件しか入らないけど、それを突破したとか?
「川島」さん:いやさすがにそこまでは(笑) LINEの友達はいま見ると723人いるけど、実際これも連絡とっているのは何人かわからないですよね(笑)

編集長:でも700人って凄いな、僕何人だろ。。あ~もうびっくりですよ、僕31人ですもん。
「川島」さん:めっちゃ少ないじゃないですか(笑)。

編集長:川島さんがこの仕事を始めたときのお給料って聞いてもいいですか?
「川島」さん:25万ですね。ウチは初任給が25万で、5年ぐらい経つころには月収40万ぐらいになったかな。でもそのほか大入り手当もあったりして、このところはほぼ毎月達成していますよ!

若かりし頃の川島さん

肝心なのはやはり写メ日記

編集長:じゃあ次は覚えている範囲で良いんですけど、女の子の収入で一ヵ月おおよそこれくらい稼いだっていう金額は?
「川島」さん :150万くらい稼ぐ子はチラホラいますね。まぁでもやっぱり稼げる子って毎日は出勤しないじゃないですか。フル出勤したらもっと行きそうな子はいますね。

編集長:確かに月150万もいらないもんな。。いや、いるか。ちょっと話戻しますけど、この仕事していて嬉しかったことって何ですか?
「川島」さん:最近で言うとヘブンでお店ランキング1位になったことです。1か月前ぐらいですかね。あと女の子ランキングもうちの子が1位2位あたりに食い込むとやっぱり嬉しいですよね。目に見えてわかる1番の成果じゃないですか。

編集長:Chupa Chups(チュッパチャプス)がヘブンに掲載して7年くらい経ちますが、1位になったのって初めてでしたっけ?
「川島」さん:初めてです。やり方が間違ってなかったんだって嬉しかったですよ。その間いろんなお店が出てきたり、ここまで来るのに色々悩みましたけどね。いや~7年前ヘブンが埼玉にきた時はアタマ抱えました。他店の良いうわさも聞くようになって、落ち込んだりしましたから。なんせ写メ日記を使いこなしてましたからね、他店さんは。最初ウチはなかなか浸透させられなかった。

編集長:女の子に写メ日記をやってもらう上でどういう声掛けをされたんですか?
「川島」さん:ここだけの話、最初はスタッフが代わりに見本として書いて「こういうのやってよ」って女の子に声かけてました。でも見本の方はアクセス上がらないんですよね。ウソだから。やっぱりちゃんとしないとだめだなっと思いましたね。

店長ブログ更新中!

ニュースのお店

Chupa Chups(チュッパチャプス) [スタンダードデリヘル/大宮・さいたま・浦和]