店長ブログ

靴を見ればその人が分かる。

2020/10/31 10:01

皆様こんにちは。求人部の田中です。

つい先日の事ですが、常連Yさまから「靴を見ればその人が分かる。」という、とても興味深いお話を聞かせていただきました。

――Yさまとの会話。―――――――――――――――――

Yさま: 「僕ね。靴を見ただけで、その女性がどんな人なのか分かるんだよ。」

田中: 「え?靴を見ただけでですか?」

Yさま: 「そうだよ。ほとんど的中するよ。」

田中: 「それ、凄いですね。ぜひ教えてください。」

――――――――――――――――――――――――――

Yさまは、私が、ご新規面談の時にお会いしたことがある、知的でユーモアがあり、とても優しいお客様です。

その日、たまたま私が受付用電話に出たことを喜んでいただけたのか、久しぶりに色んな事を教えてくださいました。

その中でも特に印象に残っているのが、「靴を見ただけで、人がわかる。」という内容でした。

ようするに、靴を見ただけで〝どんな人なのか大体の想像がつく〟ということらしいのですが、おもしろくて勉強になりましたので、Yさまとの会話の中から少しだけですが、ご紹介してみようと思います。

◆――黒色の新品で、ローヒールを履いている女性は…。

「色はどんな服装にも合わせやすい黒で、低めのヒールを選んだところを見ると、公私ともに使用できると考えての購入だと予測できる。収入はそんなに多くなく、持っているヒールの数も少なめ。しかし散財しないタイプで堅実な性格の可能性が高い。」

「新品、もしくは新品に見えるということは、綺麗好きで、小まめに手入れをしている証拠。美的センスは別にして、仕事への意欲は高いと思われる。部屋も綺麗に整理整頓されている几帳面な性格ではないだろうか。」

「ヒールの高さが3~5cmと低いタイプを好んで履いているところを見ると、美しさよりも履きやすさ、疲れにくさを優先して選んでいるので、真面目で物事を合理的に考えられるタイプ。しかし、美的センスは低い。」

◆――黒色以外の新品で、ハイヒールを履いている女性は…。

「黒以外のカラーを持っているということは、コーディネートに合わせた靴を選べるほど、色と種類を豊富に揃えている可能性がある。美意識が高く、収入も多いと思われる。」

「新品、もしくは新品に見えるということは、靴をいつ誰に見られても大丈夫な状態にキープできている人なので、綺麗好きで美意識も高く、性格も繊細でプロとしての自覚もある。」

「ヒールの高さが7cm以上を履いているということは、美脚の見せ方を熟知している証拠。ちゃんと自分に自信をもっていて、自己投資もできる人、まさに高級店に相応しい向上心の高い女性である。」

――Yさまとの会話の続き。――――――――――――――

Yさま: 「ね。だいたい当たってない?」

田中: 「確かに、当たってると思います。」

Yさま: 「だよね。あとは服装や表情、話し方や身につけているアクセサリーなんかで、少しずつ本質が見えてくるんだよ。」

田中: 「凄い観察力と洞察力ですね。」

Yさま:「僕もビジネス上、多くの人と会う機会があるから、清潔感のある服装もそうだけど、特に足元には気を使ってるかな。」

田中: 「 やはり、〝オシャレは足元から〟というのは本当だったんですね。」

Yさま: 「そうだよ。昔から、〝足元を見られる〟って言うでしょ?」

田中: 「あ、あれはてっきり、相手の弱点を見つけて付け込むということだと思っていました。」

Yさま: 「そのとおり!だから僕は付け込まれないように注意してるんだよ。(笑)ファッションに合わせた靴選びも大切だけど、常に綺麗な状態で履けるよう手入れにも気を使っているよ。でないと、〝足元をすくわれる〟からね。(笑)」

田中: 「なるほど。とても学びになります。」

Yさま: 「マダム麗奈の女性には当てはまらないけど、たまに他店で、ヒールのかかとがすり減ったままや、汚れたままの靴で来る人がいるけど、さすがにあれは問題だよね。」

田中: 「え?それは高級店の女性ですか?」

Yさま: 「そうなんだよ。そういう靴を平気で履いてこれる女性というのは要注意だね。ほとんど品がなくて清潔感も感じられないから。」

田中: 「それは嫌な気持ちになりますね…。」

Yさま: 「だね。ま、でも、よほどマダム麗奈が忙しくて、女性が誰もいないという時でないと他店は利用してないから大丈夫だけど。」

田中: 「Yさま。いつもご贔屓にしていただいて、ありがとうございます。」

――――――――――――――――――――――――――

以上、今回は、常連Yさまとの会話を中心に〝靴〟の大切さについてお話をさせていただきました。

靴には、本質を見抜くヒントがたくさん詰まっているようですね。

皆さん、お客様のところへ伺う前には必ず、靴の状態をチェックするようにしましょう。

お問合せは 「ガールズヘブン見た」で!

自分に自信をつけるための「6つの方法」

2020/10/31 08:00

皆様こんにちは。求人部の田中です。

先日、

「自分に自信をつけるためにはどうしたらいいですか。」

と、いう相談を受けたことがありましたので、〝 自信に満ち溢れている 〟人気レディのお一人「 S.Sさん 」にお話を伺いながらアドバイスの内容を下記にまとめてみました。

自分に自信をつけるための方法として、少しでも参考になれば嬉しいです。

① 思考をポジティブにする。

全てを良い方向に考えます。

「たとえ悪いことが起こったとしても、これには何か意味があるはずだ。自分が成長するためのチャンスなのかもしれない。」

と、前向きにとらえましょう。

例1、彼氏と別れた場合→「結婚する前に早く気付けて良かったー。これからの新しい出会いが楽しみ!」

例2、外出中ヒールが片方とれた場合→「両方じゃなくて良かったー。次はどんな靴を買おうかな?」

etc.

② 自分は運が良い人間だと思い込む。

日本では毎日、事件や事故、病気や災害など様々な理由で、多くの人が亡くなっています。

でも、あなたは今日を生きてますよね!

これは凄いことだと思いませんか?

今日を生き延びている自分は、とても運が良い人間なんだと思いましょう!


③ 出来ないことを、チャンスだと思う。

え?と、思われた方がいるかもしれませんが、よく考えてみてください。

「出来ないこと」永遠に出来ないことではありません。
「出来ないこと」いずれ出来ることです。

「今、出来ないということは、いずれ出来るようになるということ。」

自分には可能性があり、伸びしろがあると信じて、前向きに考えましょう。


④ 自分自身を大切にします。

自分へのご褒美に、美味しい料理を食べたり、プレゼントを買ったり、ボディケアをしたり、自分で自分を愛してあげましょう。

自分を大切にすることで、心に余裕が生まれて周りを大切にできるようになります。

そして、大切にされた周りは〝 あなた 〟を大切にしてくれます。


⑤ 自分の才能を開花させる。

人間は無限の可能性を秘めています。

自分の中に眠っている才能を見つけて、開花させましょう。

好きなことを深く追求したり、興味のある習い事を始めてみたりしながら、眠っている才能を見つけていきましょう。

そうすることで、自分自分を肯定できるようになり、今よりもっと自分のことが好きになっていきます。


⑥ 他人と比較しない。

「あの人は幸せそうなのに、なぜ私だけ不幸なの?」
「あの人が羨ましい…。それに比べて私なんか。」

こんな風に思ったことありませんか?

人は人、自分は自分ですから比べても良いことはありませんし、そもそも比較のしようがありません。

なぜなら生まれ育った家庭環境も、年齢や性格も違う相手と、公平な比較などできるわけがないからです。

それに、ほとんどの人が〝 勝ち負け 〟という物差しで比較しますから、大抵は自分が負けているところに焦点が当たってしまい、劣等感を感じて自己嫌悪に陥るだけです。

それよりも、自分らしさを大切にして、人と違うことを楽しみながら、昨日の自分よりも今日の自分を少しでも成長させよう。と、考えた方がよほど前向きで素敵な生き方だと思います。

最後に私の尊敬する〝 相田みつを 〟さんの「 トマトメロン 」を紹介して終わりにしたいと思います。


 トマトメロン 

トマトにねえ
いくら肥料をやったってさ
メロンにはならねんだなあ

トマトメロンをいくら比べたって
しょうがねんだなあ

トマトよりメロンのほうが
高級だなんて思っているのは
人間だけだね

それもね
欲のふかい人間だけだな

トマトもね
メロンもね
当事者同士は
比べも競争もしてねんだな

トマトトマトの命を
精一杯生きているだけ

メロンメロンの命を
命いっぱいに生きているだけ

トマトメロン
それぞれに

自分の命を
百点満点に生きてるんだよ

トマトメロンをね
二つ並べて比べたり
競争させているのは
そろばん片手の人間だけ

当事者にしてみれば
いい迷惑のこと

メロンになれメロンになれ
カッコいいメロンになれ!
のいっぱいできるメロンになれ!!」

と、尻ひっぱたかれてノイローゼになったり
やけになって暴れたりしているトマト

いっぱいいるんじゃないかなあ

お問合せは 「ガールズヘブン見た」で!

自分らしく生きる?

2020/10/30 17:00

こんにちは。求人部の田中です。

突然ですが、皆さんは〝自分らしく〟生きてますか?

誰しも一度は、こんな言葉を聞いたことがあると思います。

自分らしく生きた方がいいよ。」

「周りの意見に左右されても仕方ないじゃない。」

自分らしさを大切にしたら?」

etc.

そもそも自分らしさって何でしょう。

自分らしさとは、自分に嘘をつかずに正直に生きている人ですか?

それとも周りが期待する人物像を必死で演じようと頑張っている人ですか?

さて、正解は??

・・・・・・

・・・どちらも正解です!!

なぜなら、自分らしさというのは、

自分の考えを自分で尊重して自分が正しいと思う選択をしながら生きていく人

のことを指すからです。

自分らしさというのは、人それぞれの価値観によって捉え方が違います。

例えば正義感の強い人は、

「正しいと思ったことは勇気をもって主張しよう!」

と、行動するでしょうし。

人間関係で衝突を避けたいと思う人は、

「今は衝突を避けて言いたいことを我慢しよう。」

と、考えるからです。

ようするに、〝自分らしさ〟というのは人間の個性の数だけ存在するということになり、全ての考えが正解となります。

だから周りの人から「自分らしく生きなさい。」と言われたとしても、すでに〝自分らしく生きている〟ということになるのです。

他人の意見はあくまで参考程度、共感したり納得すればインプットすれば良いし、できなければスルーしましょう。

もしあなたが嫌いな仕事を我慢してやっていたとします。

そこで、周りが、

「そんな嫌な仕事をすることはない、自分を大切にして自分らしい仕事に変えたら?」

と、提案してきました。

「そのとおりだ。」

と、思って仕事を変えるのも〝自分らしさ〟

「いやいや、1ヶ月間のお給料は1ヶ月分の我慢料だと思ってるから、もう少し頑張ってみるよ。」

と、考えて仕事を続けることも〝自分らしさ〟なのです。

間違った解釈は、

「自分に嘘をつかずに、正直に生きることだけが、自分らしさ。」

という考え方です。

人生には紆余曲折があり、様々な人間関係の中で、自分らしさを殺して生きている人は多いです。

「たとえクビになったとしても思っていることを我慢せず、自分の考えを主張するんだ!」

これは一見カッコよく見えるかもしれませんが、実際のところ、すべての場面において正解にはなりません。

ここで、いまだに私の耳に残っている「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」というドラマ内でのセリフを紹介させてください。

——————–

<<ドラマ内での会話の一部>>

周りのイメージに合わせて抑圧されながら生きていく方が波風は立たないでしょうね。

でもたとえ敵が増えたとしても周りのことなんか気にしないで、自分らしく生きていくのも悪くないと思う。

人はそれぞれ違ってて良いはずなのに、

結局どこか常識とかの固定観念に縛られて自分を殺して生きている人たちはいっぱいいる。

あなたたちが勇気を出すことで、そういう人たちが一歩踏み出せるかもしれない。

———————-

ドラマでのセリフとはいえ、感動した人は沢山いたでしょう。

もちろん私も心を打たれた一人でもあります。

しかし、現実にはなかなかそうはいきません…。

確かにドラマで言っていることは当たっています。

「自分を殺して生きている人たちはいっぱいいる。」

しかし、あえてそうせざる得ない状況、そうすべき状況というのはたくさんあるのです。

例えば、あなたが正義感が人一倍強く、負けず嫌いで、自分に正直に主張を貫き通す人だったとします。

そんなあなたは、ある日、山道を歩いていて、向こうから近づいてくる凶暴なヒグマに気づきます。

あなたは自分の歩いている道の通行権を主張して、凶暴なヒグマと戦いますか?

戦った場合、はたから見るとヒーローのように格好良く写るかもしませんが、ただではすみませんよね。

大怪我をするか下手すると死にます。

ヒグマに気づかれる前に一目散に逃げましょう。

ダメ押しでもう一つ例をあげるなら、時速300キロで突進してくる新幹線に自らの通行権を主張して正面からぶつかっていきますか?

避けなければ、確実に即死です。

少し大袈裟な例えだったかもしれませんが、人生にはどうしても避けるべきことや自己防衛のために逃げないといけない場面があります。

そしてそれは人間関係でも同じです。

どうしても理解し合えない人とは、正面からぶつかっても何一つ良いことはありません。

自分を守るために避けたり、距離を置いたり、諦めることだって大切。

そもそも、世界中のすべての人たちが分かり合えるのであれば戦争なんておきませんから…。

――まとめ

敵を増やしながらでも自分の考えを主張することも自分らしさ。

自分の感情を抑圧して調和を重んじることも自分らしさです。

個性の数だけ〝自分らしさ〟は存在します。

もちろん、マダム麗奈で働くことを周りが反対したとしても、気にしないで働くことも自分らしさですよ。

お問合せは 「ガールズヘブン見た」で!

 SNS応募方法

マダム麗奈 東京様のSNSID

0364025900

SNS IDをコピーする

お店に直接ラインする

SNSサービスから上のIDにお問い合わせください。
「ガールズヘブンを見ました」とお伝えすると対応がスムーズになります。

お電話・メールから応募する場合

採用担当:  佐藤   受付時間: 12:00~翌3:00

閉じる

編集部に通報 情報提供フォーム

編集部に通報

こちらはサイト内及び、各お店ページ内において、事実と相違があると思しき記載や掲示を編集部に通報するフォームです。 以下の内容に該当する通報は当編集部は介入することはできません。直接お店にお問い合わせください。 ・個人とお店間のトラブル ・お店で働くもしくは働いていた方とお店間のトラブル ※通報に対して、編集部が個別に回答することはありません。 ※通報に基づき、適宜調査・対応させていただきますが、すべての報告に対して対応するものではありません。また記載・掲示内容の相違について責任、及び賠償の責を負うものではありません。 ※報告された方の個人情報を第三者へ知らせることはありません。 ※この通報をおこなう際は、下記のメッセージを当編集部に開示することについてご承諾いただいたものとさせていただきます。 ※土日、祝祭日および年末年始等にいただいたお問い合わせの対応は数日かかる場合がございますので、あらかじめご了承ください。
続きを見る
以下の内容で編集部に通報いたしました。
内容を選択してください。
店舗名 マダム麗奈 東京
内容
【必須】
下記より該当項目にチェックを入れて下さい。






連絡先

詳細
店舗名
マダム麗奈 東京
内容【必須】
連絡先

ご提供内容の確認をさせて頂くことが発生した際にのみ使用致します
詳細
送信する

閉じる