店長ブログ

「恋愛経験豊富な女性なんだな…」とデート中、男性が落ち込んでしまう瞬間9パターン

2019/06/20 14:00

たくさんの恋愛をしてきた女性を前にすると、
「過去の彼氏と比較されそう」と尻込みする男性もいるようです。
では、女性のどんな振る舞いが男性に「恋愛経験が多い女性」と感じさせるのでしょうか。
今回は「『恋愛経験豊富な女性なんだな…』とデート中、男性が落ち込んでしまう瞬間9パターン」を紹介します。

 

 

【1】過去の恋愛話が豊富に出てくる

「男の名前が出てくるだけで落ち込む」(30代男性)
多くの男性にとって好きな女性の過去の恋愛は、聞きたくない話のようです。
デートスポットに関する話でも、誤解を招くおそれがあるので、
できるだけ「別の男」の存在を想起させる発言はしないよう注意しましょう。

 

 

【2】デートでしか訪れないような高級店での振る舞いが慣れている

「頻繁に連れてきてもらってたと勘ぐる」(20代男性)
高級店のマナーに慣れていると、
男性は「恋愛経験が多い女性」だと誤解してしまうようです。
お店で男性の行動が頼りなくても、じっとこらえて相手のリードに任せてみてはいかがでしょうか。

 

 

【3】高価なものをプレゼントしても、いまいちリアクションが薄い

「よくもらうんだなと思う」(20代男性)
プレゼントに喜んだ様子がないと、過去の彼氏と比較されているように感じ、
傷つく男性もいます。たとえ好みではないものをもらった場合でも、
男性の気持ちに感謝し笑顔でお礼を言うよう心がけましょう。

 

 

【4】まだ関係が浅いときから、手をつないだり腕を絡めるなど、男性に対して積極的

「男慣れしている感じが嫌」(20代男性)
付き合い始めたばかりなのに女性が積極的だと、
引いてしまう男性もいるようです。いきなり行動に出るのではなく、
「手、つなぎたいな…」とかわいく甘え、相手から行動させるように仕向けてみてはいかがでしょうか。

 

 

【5】買い物中、当たり前のように荷物を持たせようとする

「これまでも持ってもらってたんだなと思う」(30代男性)
ショッピング中の振る舞いから、豊富な恋愛経験を感じ取る男性もいるようです。
自分から頼むことは慎み、男性が持ってくれた場合も「重くてごめんね」など、労わる姿勢を見せてはどうでしょうか。

 

 

【6】ドキドキしている自分を見て、「初々しくて良いね」と言う

「緊張している自分がバカみたい」(10代男性)
経験の少ない男性にとっては、見下された印象を与えてしまうようです。
男性が緊張している様子なら、場を和ませるために、くだらない冗談などを言ってみるといいかもしれません。

 

 

【7】夜景の見えるスポットで、「あっちの方がもっと良く見えるよ」とリードされる

「なんで知ってるの?」(30代男性)
何度も来たことがあると思わせる発言は、
過去の恋愛を想起させてしまいがちです。
男性をリードしたいときは、「あっちに行ってみない?」と、
今思いついた風に提案するなど、“さりげなさ”を意識してみましょう。

 

 

【8】別れた直後、こちらを一切振り返らずにさっさと帰ってしまう

「名残惜しいのは自分だけ?」(20代男性)
別れ際のアッサリした態度は、デート慣れしている印象を与えてしまうようです。
終電ギリギリなどで、ゆっくり別れを惜しむ時間がない場合は、
すぐにメールを送って寂しさを伝えてみてはいかがでしょうか。

 

 

【9】帰宅中、テンプレート的なお礼メールが届く

「『ごちそうさま』だけだとガッカリ」(30代男性)
定型文のようなメールは、感情がこもっていないと男性に思われがちです。
デートで楽しかったことや、
次に行きたい場所など具体的な話題を盛り込んだお礼メールを送れば、
気持ちを伝えやすいかもしれません。

お問合せは 「ガールズヘブン見た」で!

私生活も仕事モードになってしまう非モテ”NOボーダー女子”の特徴

2019/06/20 12:00

女性がバリバリ働くのも珍しくない現代。
多くの女性たちが働きマン化しています。
定時に上がれるなんて滅多にないし、休日もつい仕事のことを考えてしまうなんてザラ。
バリキャリタイプの女性が多いので、会えばいつも大体は仕事の話になってしまったり……。

本来、女性という生き物は
「仕事の時の自分」と「プライベートの自分」を完璧使いわけることができるはずなんです。
そのため、プライベートでは男をとっかえひっかえのビッチでも、
仕事では人望も厚く昇給が決まっているなんて場合も珍しくありません。
女性は「生まれながらにして女優」なんて呼ばれることもありますよね?
そのセリフからもわかるように様々な仮面を使い分けることができるのが
女子特有の得意技のはずなのですが、
仕事がどんどん忙しくなるとこの線引きができなくなってしまうんです。
ボーダーラインが見えなくなると、非モテ女子にまっしぐら。
NOボーダー非モテ女子になってしまう恐ろしい状況とはどんなものなのでしょうか?

 

とにかく時間にせっかちになる


 

友達と会っているときだろうがデート中だろうがとにかくせっかちになります。
こうなると楽しい時間はあっという間に「仕事時間」に。
友人と共有する時間は決して業務ではないにもかかわらず時間やプランをシビアな気持ちで見てしまう。
そうすると友達も息苦しさを感じて離れてしまいますよ。

 

 

ビジネス言葉が出てしまう


 

ビジネス用語をプライベートでも口に出していたらもうそろそろレッドカード。
「コンプライアンス」「コミット」「リソース」「デッドライン」なんてカタカナの言葉使っちゃっていません?
自分では普通につもりでも、プライベートでこのようなキーワードを聞くと、
周りから驚かれると同時に仕事人間のレッテルを貼られてしまいます。

 

 

仕事辞められないんです女子


 

男性から見て、仕事が大好きで仕事を辞めたくない!という女子はやはりモテにはつながりません。
男性にとって理想の女性像はなんだかんだ「家にいてくれる人」。
価値観が昔の時代よりもだいぶ変わった最近でも、理想は女性に家にいて欲しいんだとか。
プライベートでも仕事好きっぽいNOボーダー女子になると一緒にいても安らげる未来が思い浮かばず、
男性の理想からは離れてしまいます。

 

 

いらいらすることが多くなる


 

プライベートも仕事脳でいるととにかくイライラしやすくなります。友人関係、恋愛関係はプランどおりにいかないもの。
なんせ人間関係は不測の自体しかないのですから、
気を抜いて楽しむべき場面まで仕事脳で臨んでしまうと不満が溜まりやすい環境をあえて自分で作るようになってしまいます。
ここで放置してしまうと恋愛も友人関係も亀裂が入るなんて悲しいことも。

 

できるかぎり仕事脳はプライベートで使用しないこと。仕事とプライベートのボーダーラインを曖昧にしてしまうと、
恋愛はもちろん、友人や親子関係までヒビが入るなんて事態を招くこともなりかねないので要注意。
ボーダーはできるかぎる保つようにしましょう。
あくまでもプライベートは思い通りにいかないからこそ楽しいと思えるようにするべきです。
不測の自体を楽しめるのは友情や愛情のなせる、人生での唯一の特権ですから。

お問合せは 「ガールズヘブン見た」で!

「恋愛経験豊富な女性なんだな…」とデート中、男性が落ち込んでしまう瞬間9パターン

2019/06/19 14:00

たくさんの恋愛をしてきた女性を前にすると、
「過去の彼氏と比較されそう」と尻込みする男性もいるようです。
では、女性のどんな振る舞いが男性に「恋愛経験が多い女性」と感じさせるのでしょうか。
今回は「『恋愛経験豊富な女性なんだな…』とデート中、男性が落ち込んでしまう瞬間9パターン」を紹介します。

 

 

【1】過去の恋愛話が豊富に出てくる

「男の名前が出てくるだけで落ち込む」(30代男性)
多くの男性にとって好きな女性の過去の恋愛は、聞きたくない話のようです。
デートスポットに関する話でも、誤解を招くおそれがあるので、
できるだけ「別の男」の存在を想起させる発言はしないよう注意しましょう。

 

 

【2】デートでしか訪れないような高級店での振る舞いが慣れている

「頻繁に連れてきてもらってたと勘ぐる」(20代男性)
高級店のマナーに慣れていると、
男性は「恋愛経験が多い女性」だと誤解してしまうようです。
お店で男性の行動が頼りなくても、じっとこらえて相手のリードに任せてみてはいかがでしょうか。

 

 

【3】高価なものをプレゼントしても、いまいちリアクションが薄い

「よくもらうんだなと思う」(20代男性)
プレゼントに喜んだ様子がないと、過去の彼氏と比較されているように感じ、
傷つく男性もいます。たとえ好みではないものをもらった場合でも、
男性の気持ちに感謝し笑顔でお礼を言うよう心がけましょう。

 

 

【4】まだ関係が浅いときから、手をつないだり腕を絡めるなど、男性に対して積極的

「男慣れしている感じが嫌」(20代男性)
付き合い始めたばかりなのに女性が積極的だと、
引いてしまう男性もいるようです。いきなり行動に出るのではなく、
「手、つなぎたいな…」とかわいく甘え、相手から行動させるように仕向けてみてはいかがでしょうか。

 

 

【5】買い物中、当たり前のように荷物を持たせようとする

「これまでも持ってもらってたんだなと思う」(30代男性)
ショッピング中の振る舞いから、豊富な恋愛経験を感じ取る男性もいるようです。
自分から頼むことは慎み、男性が持ってくれた場合も「重くてごめんね」など、労わる姿勢を見せてはどうでしょうか。

 

 

【6】ドキドキしている自分を見て、「初々しくて良いね」と言う

「緊張している自分がバカみたい」(10代男性)
経験の少ない男性にとっては、見下された印象を与えてしまうようです。
男性が緊張している様子なら、場を和ませるために、くだらない冗談などを言ってみるといいかもしれません。

 

 

【7】夜景の見えるスポットで、「あっちの方がもっと良く見えるよ」とリードされる

「なんで知ってるの?」(30代男性)
何度も来たことがあると思わせる発言は、
過去の恋愛を想起させてしまいがちです。
男性をリードしたいときは、「あっちに行ってみない?」と、
今思いついた風に提案するなど、“さりげなさ”を意識してみましょう。

 

 

【8】別れた直後、こちらを一切振り返らずにさっさと帰ってしまう

「名残惜しいのは自分だけ?」(20代男性)
別れ際のアッサリした態度は、デート慣れしている印象を与えてしまうようです。
終電ギリギリなどで、ゆっくり別れを惜しむ時間がない場合は、
すぐにメールを送って寂しさを伝えてみてはいかがでしょうか。

 

 

【9】帰宅中、テンプレート的なお礼メールが届く

「『ごちそうさま』だけだとガッカリ」(30代男性)
定型文のようなメールは、感情がこもっていないと男性に思われがちです。
デートで楽しかったことや、
次に行きたい場所など具体的な話題を盛り込んだお礼メールを送れば、
気持ちを伝えやすいかもしれません。

お問合せは 「ガールズヘブン見た」で!

 SNS応募方法

秘密倶楽部 凛 船橋本店様のSNSID

hrin1000

SNS IDをコピーする

気軽に相談してみよう♪

SNSサービスから上のIDにお問い合わせください。
「ガールズヘブンを見ました」とお伝えすると対応がスムーズになります。

お電話・メールから応募する場合

採用担当:  木戸 (採用受付担当)LINE ID:hrin1000 ※LINEからも簡単相談、希望面接日時決める等♪   受付時間: 朝9:00~翌5:00

閉じる

編集部に通報 情報提供フォーム

編集部に通報

こちらはサイト内及び、各お店ページ内において、事実と相違があると思しき記載や掲示を編集部に通報するフォームです。 以下の内容に該当する通報は当編集部は介入することはできません。直接お店にお問い合わせください。 ・個人とお店間のトラブル ・お店で働くもしくは働いていた方とお店間のトラブル ※通報に対して、編集部が個別に回答することはありません。 ※通報に基づき、適宜調査・対応させていただきますが、すべての報告に対して対応するものではありません。また記載・掲示内容の相違について責任、及び賠償の責を負うものではありません。 ※報告された方の個人情報を第三者へ知らせることはありません。 ※この通報をおこなう際は、下記のメッセージを当編集部に開示することについてご承諾いただいたものとさせていただきます。 ※土日、祝祭日および年末年始等にいただいたお問い合わせの対応は数日かかる場合がございますので、あらかじめご了承ください。
続きを見る
以下の内容で編集部に通報いたしました。
内容を選択してください。
店舗名 秘密倶楽部 凛 船橋本店
内容
【必須】
下記より該当項目にチェックを入れて下さい。






連絡先

詳細
店舗名
秘密倶楽部 凛 船橋本店
内容【必須】
連絡先

ご提供内容の確認をさせて頂くことが発生した際にのみ使用致します
詳細
送信する

閉じる