店長ブログ

こんなお客様はNGで。Noと言うべき基準はコレ!!

2022/10/06 19:48
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

TODAY'S GIRLS
RECRUIT!!

本日の店長ブログをご紹介!!
 
 
皆様こんばんは(*´▽`*)

TSUBAKI FIRST(ツバキファースト)
店長の斎藤(さいとう)と申します♪

風俗のお仕事をする際にいろんな不安はあるかと思います。例えば、お客様に関することもその一つ。

風俗で働いてみようと思っている風俗未経験の女性なら「嫌なお客様とか、ひどいことをしたり言ったりするお客様は来ないか」という不安。既に風俗で働いているけど、まだまだ風俗業界初心者の女性なら「スタッフは何かあったら連絡してと言うけど、実際、どこまで我慢すればいいのか分からない」という、我慢の線引き。

そして、ある程度風俗業界が長い女性でもお客様に対して「NGを出す・出さない」「嫌だけど我慢する・はっきり断る」という選択で悩む人もいると思います。

質の悪いお客様や、二度と接客をしたくないお客様。どこまで我慢して、どこからNGにするのか。

仕事だから我慢しなくちゃいけない?NGを出してばかりだとお店に嫌がられたりしない?などなど、基準がわからなくて迷ってしまう時はたくさんあるはずです。

そこで今回は「お客様にNOと言う時の基準」を書いてみます。

こんな時は「NG」と言っても大丈夫!風俗の仕事としてのNOの基準

1.好き嫌いや楽したい等の感情でNGを出したりしないこと
風俗のお仕事ということで多少は仕方のない部分もありますが、「感じの悪いお客様」「ちょっと気持ち悪いお客様」など苦手なタイプのお客様の接客をすることも当然あると思います。

他にも「プレイの要求が多い」「会話が噛み合わない」「相手をするのが疲れる」などの、いくらお仕事と言えども、ウンザリしてしまうことだってあるでしょう。

ここで注意して欲しいのは「どんなお客様でも公平に」ということです。

風俗のお仕事もサービス業であり接客業です。自分の好き嫌いでお客様を選んだり、基本的な接客内容に差をつけるのはおかしいですし、プロとは言い難いです。

ましてや「楽したいから」と、自分が相手をするのがしんどいお客様をNGにしてしまうというのは褒められたことではありません。

1時間あたりの料金はお店によっても違いますが、当店の場合でも65分で16000円ほどの料金をお客様は支払っています。

平均的なサラリーマンの1ヵ月のお小遣いが月30000円~40000円と言われている現在、その中から16000円の支出ってかなりの割合です。

シャワーや会話の時間を差し引くと実際のプレイ時間は30分~40分くらいとすると、決して安くはない料金です。

風俗で働いていると1日で3万円、5日で15万円、1か月で60~80万円、もしくはそれ以上も稼げてしまったりするので金銭感覚が狂いがちになるかもしれませんが、16000円という金額は高級レストランでの食事も十分に可能な金額なんです。

「そんなに余裕がないなら風俗に来るな」と思うかもしれません。ですが、たとえ月に1回しか来れないお客様だとしても、そういうお客様が何人もリピーターとして抱えていれば、それだけでも自分の収入が安定します。

その為にも「この人は太客だからきっちり接客して、この人は月1回だから適当に接客しよう」なんてことはしない様にしてください。月1回の楽しみを心から満足させられたら、きっと翌月も指名してくれます。

2.コレをされたらNOと言うべき
それでは、どんな時ならNOと言ってもよいのでしょうか。それは以下の様な時です。

・後のお仕事に差し障る時
・サービス範囲外のことを強要された時
・お店の禁止事項に抵触することを強要された時


上記の3点になりますが、それぞれ説明します。

【後のお仕事に差し障る時】
基本的に、一人一人大切なお客様ですが、大切なのは一人だけじゃないということです。爪が伸びている状態で激しい指入れで性器に傷がついてしまったら、その後のお仕事に差し障ります。プレイが乱暴で顔や髪、服が汚れてしまっても困ります。

支障が出てしまう為に他のお客様の接客を出来なくなってしまっては、稼ぎが減ってしまいます。それならば、プレイが乱暴なお客様だけをNGにした方が総合的な稼ぎは増えるでしょう。

後のお客様や翌日以降の仕事に支障が出るようなことを平気でするお客様に対してはNGを出してしまった方が、最終的には得になります。

【サービス範囲外のことを強要された時】
お客様はお店が提供するサービスに対して気に入った場合に料金を支払い、そのサービスを受けます。これは基本ですよね。

お店や風俗嬢は、お客様が支払った料金に対して、予め決められたサービスをします。本当に、これって普通のことですよね。

ですが、世の中には料金以上のことやサービス範囲外のことを無料で要求してくる人がいます。

極論を言えば100円も10000円も同じ「お金を払ってるだからサービスしろ」ということなのかもしれませんが、普通に買い物する時も、買おうとしている商品の価格分のお金を支払わないと買えないですよね。

というか、これが普通です。お金が足りないのに買える、もしくは売って貰えると思う人がおかしいんです。お店のサービス範囲外のことを要求された時は「笑顔で丁寧にはっきりと」断りましょう。

【お店の禁止事項に抵触することを要求された時】
一番多いのは本強ですが、それ以外にも盗撮・録音・店外での付き合い・付きまとい・ストーカー・違法薬物の使用など、お店のお客様向け営業用HPにも禁止事項としてしっかりと明記されている行為ですね。

この様な行為に関しては、そもそもお店のルールを守って貰えてないので、断るのも当然OKですし、しつこいようなら速やかにお店に連絡しましょう。

3.NOと言いたい時の対応の仕方
「いくら言っても大丈夫と言われても気まずくなったら嫌だし」と、いざ、そんな状況に遭遇してもどんな対応をしてもいいのか、風俗未経験の方や初心者の方はわからないかもしれませんね。

ですが、難しく考えなくても大丈夫。笑顔ではっきりと「できません」と言うだけで大丈夫です。もし、しつこく食い下がってくるようなら、3回目くらいまでは我慢しましょう。仏の顔も三度と言いますし。

3回目まで我慢しても引き下がって貰えないようなら「スタッフ呼びます」とお客様に伝えて、スタッフを呼んでください。

コールしたら、後の対応はスタッフに任せましょう。当店の様に営業年数が長いお店程、こういった際の対応は長けています。

確率的にはそうあることではありませんが、世の中にはいろんな人がいますし、風俗に来るお客様が全員「まとも」な人だとは限らないのも事実です。

本強や乱暴な言動をするお客様や粘着質なお客様など「この人は普通じゃないな」と危険を感じた時は、早めにスタッフを呼んでください。

大抵の場合は、お客様の側も、お店のスタッフを呼ばれたら大変なことになるというのは分かっているので、そこまで無茶なトラブルが起こることはそうそうありませんし、普通の風俗店なら、きちんと在籍女性を守ってくれるはずです。
以上になりますがいかがでしたでしょうか?

風俗のお仕事は確かに大変な仕事です。しかし、それに見合った高いお給料も稼ぐことが出来ます。仕事に対しての対価としての高収入なんです。

それを分かって風俗の仕事をしているはずなのに、好き嫌いや楽をしたいという気持ちからお客様の不満を言う女性はお店も嫌がります。

また、他の女性が普通に接客できるレベルのお客様を次々にNGにしていても、お店の印象が悪くなってしまうため注意されることもあるでしょう。

しかし、上に書いたような基準に当てはまるような問題のあるお客様だったとしたら話は別です。お店に言って、NGにしてもらうなどの対応を取りましょう。

もし、今現在、他のお店で働いていて、上の基準に触れる様なお客様でもNGにして貰えたりなどの対応をしてくれないようなら、そのお店は集客力がなく、どんなに酷いお客様で抱えておきたいと思う様な余裕のないお店です。

そんなお店で働いていて嫌な思いをするようならば、風俗店はたくさんあるので、他のお店を探すのも一手です。

もちろん、当店へのお問い合わせも大歓迎です。
是非、貴女からのご連絡をお待ちしております。

 
 
 



 
お問合せは 「ガールズヘブン見た」で!

男性がリピートする理由を知れば本指名は増やせる

2022/10/05 23:50
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

TODAY'S GIRLS
RECRUIT!!

本日の店長ブログをご紹介!!
 
 

皆様こんばんは(*´▽`*)
TSUBAKI FIRST(ツバキファースト)
店長の斎藤(さいとう)と申します♪


今回は、風俗に来るお客様の男性がリピーターになる理由について書いてみます。今までは、リピーターを作る方法などを書いてきましたが、リピーターになる側の心理を知っておくことも必要ですしね。敵を知り、己を知れば百戦危うべからずと、昔の人も言っています。

さて、ご存知の方も多いかと思いますが風俗の指名客には2種類あります。

一つは、ホームページや写真を見てあなたに興味を持ち、受付で選んでくれたり、電話で予約をいれてくれる(ネット指名)お客様。

そしてもう一つは、一度接客したお客様が貴女の接客を気に入って、再度指名をしてくれる本指名。

この本指名のお客様のことをリピーターとも呼ぶわけですが、リピーターになってくれるということはいい接客ができた証ですし、人気のある女性、稼ぎ続けている女性は必ずこのリピーターをたくさん抱えています。

ですが、どうすればリピーター、つまり自分の本指名客を増やすことができるのでしょうか?

今現在、リピーターが少ない女性にとっては悩みの種となる、これらの疑問を解決しちゃいます。


お客様が本指名をした理由と、本指名をしてもらう方法

なぜお客様は本指名するのか
男性は本能的に新しい相手に興味がわく生き物です。お金を払って風俗遊びをしている以上、いろいろな女性を選びたいと思うのは極めて普通です。それなのに、わざわざ追加の本指名料金を払って同じ女性をリピートする。それは何故なのか。大抵の場合、以下の理由になると思います。

①単純に「その女性」にまた会いたかったから
顔やスタイルが自分のタイプ、プレイ時間中楽しめたなど理由は様々ですが、それらを一言でまとめるなら「気に入った」ということです。水商売程ではないにしろ、風俗でも疑似恋愛は大切な要素になります。

②他の女性よりサービスが良かった
他の女の子はしないことをしてくれた、接客が一生懸命、笑顔に癒されたなど、お客様が心地よいもてなしをされたと感じたり、コストパフォーマンスが高いと感じた時に、次回もリピートする理由が生じます。

③プレイが上手である
①に書いた疑似恋愛を求めているお客様とは考え方が180度変って、風俗に素人の女性にはない技術を求めているお客様もいます。素人っぽい女性が好まれるとはいえ、そこは風俗。やはりプロとしての技術は必要なのかもしれません。

④次回に基本サービス以上のことを望めそう
挿入禁止のお店で挿入強要をしたり、店外でのやりとりは禁止のお店で店外デートに誘ったりしてくるお客様も普通にいると思います。こういったお客様は決まり文句のように「次は本指名するから」「リピートしたから」と言って、基本サービス以上の事を要求してきませんか?通えばもっとよいサービスが受けられそうな時にも、男性は本指名してしまうようです。


各タイプ別お客様の接客方法
主な本指名の理由は上に書いた通りです。逆に言えば、その理由を満たすことが出来れば、本指名をして貰える確率も上がると言えます。そこで、各タイプ別のお客様の接客方法を見ていきましょう。

①単純に「その女性」にまた会いたかったから
このタイプのお客様は女性との疑似恋愛を内心求めています。恋愛感情に近いドキドキ感を持って貰えれば、リピーターになる確率が上がります。

「でも、お客様に自分を好きにさせるってどうするの?」と難しく感じるかもしれません。実はそんなに難しく考える必要はなく、恋人みたいな接客をするだけでOKです。

お客様に自分を好きになって貰おうをするのではなく、「あれ?この子、俺に気がある?」「なんかこの子といると恋人同士みたいだな」という風に思わせることができれば仕掛けは上々です。

②他の女性よりサービスが良かった
行き過ぎると勘違いしてしまうお客様も中にはいますが、プラスアルファのサービスをしてあげることは、有効です。ただし、ハードプレイをしたからと言って必ずリピートして貰えるとは限らないので注意は必要です。

お客様の満足感に繋がるのは「プレイが丁寧」「プレイが一生懸命」「笑顔や気配り」の3点が出来ていることの方が大きいです。裏を返せば、これが出来てない女性も比較的存在するということなので、この3つは基本として接客をすることで、リピート率は上がるでしょう。

③プレイが上手である
会話・接客があまり得意でないので技術やプレイ重視でいきたい女性の場合はテクニックを磨く必要があります。お客様を気持ち良くする、喜ばせるためにはお客様が求めていることなどしっかりと観察する必要もあります。

それが出来ないと、いくら技術があっても自分よがりな接客となってしまい、結局は空振りに終わってリピートもして貰えないということになりかねないので注意しましょう。

④次回に基本サービス以上のことを望めそう
正直、困ったお客様ですが、風俗で働いている以上、確実にいつかは遭遇します。何を言われても笑顔ではっきりと断ってしまえば困らされることはありませんが、代わりにリピートをしてくれることもありません。

キャバ嬢の色恋営業の様に駆け引きできるタイプの女性なら、のらりくらりと交わしつつ期待を持ってもらうのも、絶対なしというわけではありませんが、この手のタイプのお客様はやりすぎるとストーカー化したりするので注意してください。


対応は臨機応変に
上に挙げた4つのパターンで、お客様のタイプも対応もまったく違います。また、①のタイプに③の接客をしても反応は微妙です。各お客様のタイプを見極めて、そのお客様にあった接客をすることが重要です。

また、全てのお客様に対応しようとしても無理が生じます。どうしても相性が合わないようなお客様は無理にリピートをして貰おうとしないことも、無理せず風俗で働く為には大事なことです。


リピートし続けてもらう為に必要なこと
これも良く言われることですが、多くのリピーターは本指名3回目くらいで切れていきます。3回目が一つの壁となるわけですが、これを超えて、5回、10回、15回と長期にわたって本指名してもらうコツはただ一つ「飽きさせないこと」。たったこれだけです。

人間はマンネリ化すると飽きる生き物です。風俗で働く女性の場合だと単純作業になってきがちです。そうなると、お客様から見て手抜きやお仕事感丸出しに見えてしまい、リピートをしようという気が起こらなくなってしまいます。

更には、「誕生日や記念日は覚えておく」「前回の話題はしっかり覚えておく」「相手が出した話題について軽く調べて、次回、自分からネタとして振ってみる」ということも出来れば、お客様はその女性に対して親密度が上がります。

そうすれば、あえて新しい女性を探さなくても、その女性を選べば楽しい時間は保証されている訳ですから、自然と本指名するという様になるんです。

 

以上、いかがでしたでしょうか?
お客様が本指名する理由を知り、それを逆手に取った接客をすることでリピート率は上げることが出来ます。あとは臨機応変に、お客様毎に接客方法を変えるだけです。

「自分にはこの接客方法しかできない」と諦めてしまうのではなく、最低でも二種類くらいは接客方法を覚えておくことも重要です。マンネリ化した時など、いつもと違う接客をするとギャップを感じて、再び新鮮な感じで本指名をしてくれることもありますから。

がんばってくださいね。

 
 



 
お問合せは 「ガールズヘブン見た」で!

会話上手と思われる、たった2つの簡単な方法!

2022/10/05 23:08
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

TODAY'S GIRLS
RECRUIT!!

本日の店長ブログをご紹介!!
 
 

皆様こんばんは(*´▽`*)
TSUBAKI FIRST(ツバキファースト)
店長の斎藤(さいとう)と申します♪



以前の記事で本強の回避テクを書きました。

その時は、主に行動で防ぐ方法、言わば最終手段的な方法ですね。それを書いたので、今回はそこに至る前に断る手段のポイントを書いてみます。

効果てきめんの断り方を紹介します。

是非、役立てて下さいね。 


【手段.1 最初からハッキリ断る】
「え~、どうしようかな~」「う~ん、そう言われても」とやんわり断るとお客様は、「本当はやりたいんだろう」「強く押せばできるかも」と勘違いしてしつこくなる可能性があります。

最初からハッキリ断ると、「この子はできないな」と思って未然に防ぐことができます。

【手段.2 強い言葉を使う】
「困ります~」「ダメって言われてるから」と柔らかい言葉を使わずに、「絶対ダメです」「いくら言ってもできません」と強い言葉を使うと意志がはっきり伝わります。前の記事で「喧嘩腰になってはいけない」と書きましたが、強い言葉で言うことと喧嘩腰で言うこととは別です。

強い言葉で言うと「この子は無理そうだな」と諦めが早くなります。

また、「スタッフさんにコールします」という言葉も効果が有って、熱くなっている気持ちが冷静になり、「分かった、分かった」と諦めてくれます。

【手段.3 嫌がる表情をする】
ムスッっとした表情や怒った表情を意図的に演出して下さい。
「悪いことしたかなぁ」とお客様に思わせるってことですね。

お客様の中には、しつこくすることが悪いことだと思ってない場合もあるので、『悪いことしてるんですよ』『迷惑してるんですよ』『嫌な思いをしてるんですよ』と気づかせてあげることも大事です。

そうすると今まではしつこかったのに、コロッといいお客様に変わることもあります。

【手段.4 また会いたいと思ってもらう】
「一生懸命に尽くしてくれるから悪く思われたくないなぁ」「また会いたいからここは引いておくか」と思ってもらうように接客するということですね。

お客様に満足してもらうために真面目に頑張ることが大事です。
自分のことを大事に思ってくれてる相手に対して、人はなかなか悪いことできないものです。

【手段.5 素股に注意する】
この項目は断り方というより、気を付けたほうがいいプレイに関してです。
素股とは、本当には入れない疑似挿入のプレイです。

このプレイは性器と性器が密着しやすいので、お客様は「誤って入っちゃった」と言い訳しすいです。
「入れたらこっちのもんだ」「相手も感じるからうやむやになりやすい」と確信犯で狙ってくるお客様もいるので要注意です。

対策としては、

・体勢を男性が上にならないようにする
・入れてこようとしても股を閉じれる体制にしておく



などの方法が有効です。

長くなってしまいましたが、風俗のお仕事で難しいのは本強を断ることです。
お客様は部屋に女性と2人きりなので気持ちが大きくなってしまいがちです。

でもダメなものなダメです。

お客様を目の前にするとなかなか言い出せない気持ちは分かります。
それでも勇気を出して試してみて下さい。


もう選んでくれなくてもいいと開き直る気持ちで、思いきって言うと案外分かってくれるものです。

それでもしつこいお客様に対しては、フロントにコールをかけて下さい。
いったん間をあけると、冷静さを取り戻して「悪かった」と言ってくれます。

ヘルスは法律で挿入までする行為は禁止されているので、本強をするお客様が絶対的に悪いです。

「みんなやってるよ」
「リピーターとれないよ」
「次回も来るから」
「先っぽだけだから」
「少しだけ」


いろいろなことを言ってくるお客様がいますが、惑わされてはいけません。
自信もってハッキリ断りましょう。

今日紹介した方法はすぐ使えるので是非試して下さいね。

 

 
 



 
お問合せは 「ガールズヘブン見た」で!

 SNS応募方法

YESグループ TSUBAKI FIRST 様のSNSID

sakura-job

SNS IDをコピーする

何でも遠慮なくお問合せくださいませ♪

SNSサービスから上のIDにお問い合わせください。
「ガールズヘブンを見ました」とお伝えすると対応がスムーズになります。

お電話・メールから応募する場合

採用担当:  【店長】斎藤(さいとう)   受付時間: 24時間

閉じる

※18歳未満(高校生を含む)の方の利用はお断りいたします。
編集部に通報 情報提供フォーム

編集部に通報

こちらはサイト内及び、各お店ページ内において、事実と相違があると思しき記載や掲示を編集部に通報するフォームです。 以下の内容に該当する通報は当編集部は介入することはできません。直接お店にお問い合わせください。 ・個人とお店間のトラブル ・お店で働くもしくは働いていた方とお店間のトラブル ※通報に対して、編集部が個別に回答することはありません。 ※通報に基づき、適宜調査・対応させていただきますが、すべての報告に対して対応するものではありません。また記載・掲示内容の相違について責任、及び賠償の責を負うものではありません。 ※報告された方の個人情報を第三者へ知らせることはありません。 ※この通報をおこなう際は、下記のメッセージを当編集部に開示することについてご承諾いただいたものとさせていただきます。 ※土日、祝祭日および年末年始等にいただいたお問い合わせの対応は数日かかる場合がございますので、あらかじめご了承ください。
続きを見る
以下の内容で編集部に通報いたしました。
内容を選択してください。
店舗名 YESグループ TSUBAKI FIRST
内容
【必須】
下記より該当項目にチェックを入れて下さい。






連絡先

詳細
店舗名
YESグループ TSUBAKI FIRST
内容【必須】
連絡先

ご提供内容の確認をさせて頂くことが発生した際にのみ使用致します
詳細
送信する

閉じる